「パタゴニア」街着としても着倒したいお洒落ブランド





 

設立

1965年

本社所在地アメリカ

アメリカ

特徴

登山用品、サーフィン用品、アウトドア用品などから衣料品までを製造販売しています。企業全体で環境保全に力をいれているのも特徴です。

直営店・日本支社

日本では2015年8月現在22の直営店があります。日本支社は横浜市戸塚区(2015年8月に神奈川県鎌倉市から移転)。

ホームページ

https://www.patagonia.com/japan/

評判

登山などのハードなアウトドア活動よりも、サーフィン、キャンプ、または街着として着用している人が多いです。
登山歴の長い一家言ある登山者からは、時折、「パタゴニアは街着」と一段見下したような評価を下されることがあります。
しかし、実際はインナーの「キャプリーンシリーズ」、ウィンドシェルの「フーディニシリーズ」、さらにクライミングパンツなどは機能・価格面で優良商品として多くの登山者が愛用しています。
登山には不適というイメージは、「街着としても使用できるハイセンスなデザイン」の、悪意ある曲解が原因といえます。
夏は、ショーツの「バギーパンツ」、秋口から冬にはベストなど、アウトドア活動をしない人にも人気の定番商品が多数ラインナップされています。
ネガティブな側面として、環境団体「シーシェパード」に助成金を出しているという点を挙げる人もいます。これを理由にパタゴニア嫌いを主張する人は一定数います。
シーシェパード云々よりも、店舗やSNSを使った過剰な環境保全アピールが煩わしいという意見もよく聞かれます。

定番商品

「バギーズパンツ」


「フーディニ」


「キャプリーン2」





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です