「おいおい、アークテリクスさんよぉ、黒ければいいって言うのはあまりにも安直じゃねえかー?」





アウトドアウェアの普段使いが普及

多くの人がアウトドアブランドのウェアを街着として使用している。
年齢や性別を問わず愛用者が激増しているといえる。
お洒落さんや、野暮ったい人、富裕層から貧民、アウトドア派によらず、インドア派によらず、万人がアウトドアウェアを着こなしている
山に限らず、タウンユースでもアウトドアブランドの認知や有用性が年々いや増しに増しているといえよう。
私のような山屋は、アウトドアシーンで使用しているウェアやギアを、日常でも流用している。自宅でも、ヘリノックスのチェアを使ったり、コールマンのテーブルを使っている。
キッチン用具も、キャンプで使っているものをそのまま流用している。
山用のシグの水筒は、スポーツジムに持って行き、保温性の高い山専ボトルも普段から愛用している。

アウトドアブランドの利点とは?

アウトドアブランドのウェアやギアは、機能性や防水仕様、丈夫さや防寒、動きやすさ軽さ、パッカプルなど、さまざまな機能を有している
それが、人々に受け入れられる大きな要因だろう。

代表的なアウトドアウェアといえば、マウンテンパーカー、ダウン、コートなど、高機能な上着が挙げられるだろう。
普段アウトドアに馴染みのない人もタウンユースでの上着として、上記のようなウェアを好んで着る人が多い。
もちろん、アウトドア派のなかには、インナーウェアやパンツ、フリースに手袋など、季節やシーンを問わず、また細かなギアも効果的に使い倒してある猛者も多いだろう。
すべてのシーンでアウトドアブランドが席巻している

冬は山仕様のジャケットが最適だが問題が…

これから寒くなる冬の季節においては、何よりもまず防寒が必要になる。過酷な山岳シーンでも耐えうる防寒性を備えたアウトドアウェアならば、タウンシーンでも十二分な効果を発揮する

値段もその機能から考えると高くない。何よりも丈夫なので、長く使い続けることができる。
デザイン性が優れているため、いつまでも時代遅れにならないのもアウトドアブランドの良いところ。カラーバリエーションも豊富だ。

しかしひとつ問題がある。これだけアウトドアウェアが流通し、流行ると、他人とかぶる危険性もいや増しに増すというものだ。
特にノースフェイスやモンベルは、販売チャネルの多様性、価格が安いことなどによって多くの人が着ているのを街で見かける。
パタゴニアも怪しくなり、アークテリクスも普及しすぎている。マムートもそうだ。

いかにアウトドアブランドが多種類で、ブランド内でも複数のウェアを展開していようとも、ある種の流行りや傾向に、人々は引っ張られる。不思議と似たようなウェアを着てしまう。
被らないウェアはないだろうか?

別注や別ラインを狙おう

狙いは、別注や別ラインだ。ほかのメーカーや、セレクトショップなどとのコラボ製品、あるいは、タウンユースや高級志向の別ラインは、通常商品とはひと味もふた味も違う格別のシロモノ。より限定的な商品ラインを揃えているブランドを抑えておきたい。
そここそが、本当の狙い目だ。かぶることを避けられる。そして、別ラインや別注商品は信じられないほどお洒落で、それを着れば間違いなくモテる
断言していい。彼女ができる。彼氏ができる。クリスマスが華やぐ。ここだけの話、別注を着たとたん夜の和合に成功したアウトドア派を私は知っている。望めば結婚さえできる。
すべて、別ライン・別注のお陰だ。

着ない手があるだろうか? ない。
以下におすすめの三ブランドを紹介する。いづれ劣らぬ名ブランドばかりだ。是非参考にしてほしい。

おすすめブランドはこちら!

アークテリクスヴェイランス ARC’TERYX VEILANCE

泣く子も黙るシャレオツブランドにしてアロー22などで手垢が付きつつも、やはり機能性デザイン性に優れているので、最終的に泣く子は黙らざるを得ない「アークテリクス」さんの都市生活向けシャレオツライン。快適性とデザインを高度に洗練させた最終形態といえる最強ラインが、この「アークテリクスヴェイランス(ARC’TERYX VEILANCE)」だ。極限までシンプルさを突き詰め、機能美を体現させた珠玉のブラックプロダクツ。

評価

黒い! おいアークテリクスさんよぉ~。これはいくら何でも黒すぎやしませんかぁ~!黒ければ良いってもんじゃないだろうよぉ!ブラックなら全部おしゃれかよ!黒がかっこいいのかよ!ダークサイドに墜ちてる感じが、不良か~い?えええぇ??聞いてるのかい?アークテリクスさんよぉ~。あんたあまりにも安直過ぎやしませんかぁ~。えぇ?黒けりゃいっていうその発想、ちょっと頭悪いぜぇ~?

おすすめ

ノースフェイスパープルレーベル THE NORTH FACE PURPLE LABEL

ノースフェイスのかぶる率は異常といわれ、一部のアウトドアファンからは敬遠されている。しかしこのパープルレーベルは別だ。パープルレーベルとは、代官山にあるシャレオツセレクトショップである「ナナミカ」の別注ライン。ロゴがパープル。アウトドアラインよりも、さらにデザイン性を研ぎ澄ませた、おしゃれさん御用達の死ぬほどオシャレなプロダクツだ。

評価

紫っ! おいノースフェイスさんよぉ~。これはいくら何でも紫すぎやしませんかぁ~!紫なら妖艶で、なまめかしいってわけか~い?セクシーさも仄めかしつつ、おしゃれさを抑えることで、街ゆく婦女子、イケメンとともすれば逢瀬がかなうってわけか~い?紫なら良いってもんじゃないだろうよぉ!パープルなら全部おしゃれかよ!紫がかっこいいのかよ!セクシーサイドの淫靡感が、おませさん気取りか~い?えええぇ??聞いてるのかい?ノースフェイスさんよぉ~。ナナミカさんよぉ。あんたあまりにも安直過ぎやしませんかぁ~。えぇ?紫ならいいっていうその発想、ちょっとエロいぜぇ~?

おすすめ

その他おすすめブランド2点

アルクフェニックス

フェニックスが「歩くための機能服」として提案しているのが、このアルクフェニックスです。
黒を基調にしており、フォーマルな場にも適した落ち着いたプロダクツです。

MHW マウンテン ハードウェア スペシャリー フォー N.ハリウッド

マウンテンハードウェアとNハリウッドとのコラボ商品です。
宇宙的な神秘的なブラックが人類の歴史や時空を超えて生命の誕生から未来の宇宙消滅までもを見晴るかすような絶対的な虚無を現すかのような唯一無二の漆黒の闇と絶望的なハイセンスがアウトドアや非アウトドア派の心の臓を鋭い切っ先を持つ黒曜石で抉るかのごとく鋭い感性とユニークさを体現した出色のプロダクツです。

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です